日本漁業を知る

日本の漁業には、たくさんの種類があります。この漁業種類は、漁をする場所や漁の方法の違いなどによって分かれています。

まずは、漁をする場所の違いによって、「沿岸漁業」「沖合漁業」「遠洋漁業」に分かれます。沿岸漁業は主に近場の沿岸域で、沖合漁業は主に日本の排他的経済水域内で、遠洋漁業は主に公海で漁を行います。
漁をする場所の違いに加え、魚の獲り方や使う道具、狙う魚などによって、漁業種類が異なります。例えば、網を使う漁でも、定置網やまき網、曳網など様々な種類があり、定置網の中でも大型・小型などがあります。また、同じ定置網でも、地域によって漁のやり方や船の装備などが異なる場合もあります。
ここでは、代表的な漁業種類をご紹介します。掲載している内容は一般的なものですので、実際の現場では少し異なる場合もありますが、漁業種類を知る上での参考としてください。

漁をする場所の違い

漁業の紹介イラスト

また、漁業就業者の数や水揚げ量の推移などの漁業の動向等については、水産庁の「水産白書」に掲載があります。水産白書は毎年作成・公表されています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

水産白書のページはこちら

沖合・遠洋漁業

遠洋漁業

世界の海が漁場。船上生活はおおむね50日から1年にもおよぶ。

漁業の紹介イラスト

遠洋カツオ一本釣り漁

主に赤道付近の南太平洋と
東の北大西洋が漁場

漁業の紹介イラスト

遠洋マグロはえ縄漁

いまやマグロは世界的人気。
資源保護と日本の伝統漁で新たな視点が求められてる。

漁業の紹介イラスト

遠洋トロール漁

ハイテク機器搭載の船上加工工場。
資源管理も徹底しつつある。

漁業の紹介イラスト

遠洋イカ釣り漁

巨大な加工船がペルー沖など
世界の海を渡っていく。

漁業の紹介イラスト

海外まき網漁業

中西部太平洋海区にて、カツオ・マグロの群れをまき網により捕獲する。

沖合漁業

日本の200カイリ水域が中心の漁場となる。
獲る魚や漁法の種類によって、操業日数は日帰りから1ヶ月ぐらいの幅がある。

漁業の紹介イラスト

近海マグロはえ縄漁

漁場は北西洋と南大西洋の
ミクロネシアやマーシャル諸島、
ソロモン諸島付近。

漁業の紹介イラスト

大中型まき網漁

日本の二百海里水域内。

漁業の紹介イラスト

沖合底曳き網漁

漁場は日本の二百海里の
やや沿岸より。

漁業の紹介イラスト

サンマ棒受け網漁

千葉県以北の大西洋側沖合で、
漁の期間は7月から12月まで。

漁業の紹介イラスト

沖合イカ釣り漁

太平洋と日本の二百海里内を、
イカの動きに合わせて移動する。

漁業の紹介イラスト

近海カツオ一本釣り漁

釣竿で頭上に跳ね上げ針をはずす、
「跳ね釣り」が主流。

沿岸漁業

沿岸部で古くから行われてきた漁のかたちを受け継ぐ。
さまざまな漁法があり、獲る魚の種類も多彩。漁場が近いため日帰りが基本。

定置網漁

自然の恵み、魚たちの習性を
肌で感じる「待ちの漁」

まき網漁

魚の群れを探し、
網で囲い込んで獲るまき網漁。

小型底曳き網漁

船で袋状の網をきいて
多彩な魚を獲る。

釣り漁

漁の原点、海に生きる
醍醐味あふれる漁法。

養殖業

魚を育て、需要期に安定的に
魚介類を供給する。

刺網漁

魚の通り道に網を仕掛けて
からませる、古くからの漁法。

沿岸イカ釣り漁

光に集まるイカの習性を利用して
ライトを照らしながら漁をする。

採貝・採藻

海に潜ったり、船の上から人の手に
よって貝類が海藻類をとる漁。

タコつぼ漁

岩陰にひそみしがみつく
タコの習性を利用した漁法。

動画で見る漁業の種類

これから漁業への就業を考える皆様に、漁業や漁村の今の姿をお伝えします。
全国10地区の漁業種類を紹介したもので、漁村の生活、1日の生産活動、漁業の技術や漁船などの様子がよくわかると思います。
漁業種類がわからない、技術の取得や船酔いに不安があるといった方は、ぜひご覧ください。

北海道・えりも漁協
東京都・神津島漁協
福井県・越前町小型底曵網漁協
山口県・漁協田布施支店
神奈川県・平塚市漁協
佐賀県・唐津市漁協
沖縄県・沖縄市漁協
沖縄県・沖縄市漁協
島根県・JFしまね
 
島根県・JFしまね