初めての方へ

漁師.jpは、漁業への新規就業者を発掘するため就労に関する情報提供をすること、都道府県や地域の漁協等と連携をとり、新たな漁業の担い手を確保・育成することを目的とし活動しています。

当サイトは、これから漁師を目指す方、漁業に興味のある方など漁業への就業を考えている方などにご活用いただける内容を発信しています。

漁師.jpサイトで出来る事

全国の漁師に関する求人情報が探せます

『漁業求人情報』のコーナーには、全国の漁協・漁業者から求人情報が寄せられています。
今すぐ漁師になりたい方は、『漁業求人情報』をご確認のうえ、求人者にご連絡ください。

漁業就業支援フェア等の開催情報がみつかります

漁師版の合同就職相談会である「漁業就業支援フェア」をはじめ、「座学セミナー」や「体験乗船」等の情報を、いち早くお届けします。
事前予約制が必要なプログラムは、ホームページからお申込いただけます。

漁業種類や漁法について学べます

沿岸漁業や沖合・遠洋漁業といった漁業種類の別や、定置網漁や一本釣り漁などの漁法について、イラスト付きで解説しています。漁業に関心を持ち始めた方も優しく学ぶことができます。

漁師の仕事ぶりや暮らしの様子がわかります

転職して漁師になった方や、先輩漁師のもとで研修中の方たちの体験談を取材しました。
船上での仕事の様子はもちろん、陸での仕事ぶりや普段の生活の様子なども垣間見ることができます。

公式YouTubeチャンネル

漁業就業に役立つ情報を動画で発信しています。

はじめての方に向けたQ&A集

魚を獲ることが漁師の仕事ですが、魚を獲る場所(漁場)や獲り方(漁業種類)、狙う魚などによって、仕事の内容が異なります。
また、ただ獲るだけでなく育ててから獲る漁業(養殖業)もあります。水揚げした魚の選別はもちろん、船の掃除や漁具の手入れなど、陸での仕事もあります。網を使う漁業では、網の補修も漁師の大切な仕事の一つです。

魚を獲る場所は、日本の沿岸海域から世界の海まで様々です。陸地に近い海で日帰りで漁をする漁業を沿岸漁業もう少し遠い日本の周辺の海(200海里水域内)で漁をする漁業を沖合漁業、外国の海で漁をする漁業を遠洋漁業と呼びます。

漁業種類や狙う魚、時期によって異なります。朝早くから働いたり、夕方から夜中にかけて働いたりします。沿岸漁業の休日は1週間に1日定期的に休むことが多く、大きな船を使って長期間操業する船では帰港した時や船の点検の時にまとめた休日がとれ、大型船では外国の港に入港した時に休みます。当然ですが海が荒れれば仕事は出来ませんの休みとなります。

陸から遠い場所での漁ほど船は大きくなります。また、船の装備は漁業によって異なります。

給料は、「固定給プラス歩合」というところが多く、魚の獲れ具合によって毎月給料が変わることもあります。
また、独立した漁師であれば、水揚げから経費(餌代や道具代、燃油代、維持費など)を差し引いた分が給料になります。

当サイトの「漁業求人情報」をみてご自身で求人者にアプローチするのもひとつの手ですが、漁師.jpが開催している「漁業就業支援フェア」に参加すれば、受け入れ側と話をすることもできます。このフェアは年に3〜5回東京、大阪、福岡などで開かれ、漁師さんがほしい漁業者が全国から集まるので、お近くのフェアに参加してみてはいかがですか。
また、各都道府県でもこのような相談会などを実施しているところもあります。「地域の漁業関係者からのお知らせ」をご覧ください。